自分の可能性とは

NO IMAGE

私がネットで副業を始めたのは、自分の可能性ってあるんだろうかの答えが知りたかったからです。
(何で自分の可能性を知りたいかっていう理由)
1.独学なのでへたなのか、絵がうまいのかよくわからない。
2.ネットの意見では自分の絵の評価は得られない。(いいねの数しかわからない)
3.いい絵を描いて喜んでほしいし、見てもらいたい。
4.描きたいものしか描かないと、自己満足でしかない。描く意味があるのだろうか。
といったっことが、自分の可能性を見極めたい理由です。

1.独学なのでへたなのか、うまいのかよくわからない。
美術部でもなく、美大や芸大に行ったわけでもない。プロになろうと真面目に公募に出品したりしたわけでもなく、
自分が見て悪くないなあといったレベルで、正直どうなのかまったくわからないです。
今でも絵の評価についてのはっきりした答えはわかりません。
しかし、人に無料で差し上げれば喜ばれますが、購入となると別物だと気が付きました。
もらえる物はちょっとかわいいくらいでも、いいんです。しかし、買うとなると急にハードルが高くなります。
当たり前ですが、価値が評価に値するわけです。
また、絵に対して何の興味もない方は、見向きもしません。
生活に必要なものではないので、シビアな結果がわかります。

2.ネットの意見では自分の絵の評価は得られない。(いいねの数しかわからない)
とかくネットやSNSでは、褒めるのが礼儀のようです。
いいねってやつです。これは、正確な評価にはなりません。
すごい評判になっている作品のキャラクターを描けば、「いいね」の数は増えるかもしれませんが、
繋がった人の数と比例しているので、バズる方法とか他の知識が必要かもしれません。
それに、絵を描く目的が「いいね」が欲しいわけでもない、ということに気が付くわけです。
このキャラクターは人気がある、この作品は有名だといったことが、閲覧数が増える原因だと思います。

3.いい絵を描いて喜んでほしいし、見てもらいたい。
自分が絵を描く目的が、楽しむためとか繋がるためとかだったら、副業としてする必要はないと思うのです。
私が絵を描く理由は、自分がこの世に必要ない人間だとものすごく落ち込んだ時に
他の方の作った作品で励まされたり、元気になったり、笑えたりしたからなんです。
消え去りたいと思い自殺まで考えたことがありました。そんな気持から、救っていただいたと思っています。
なので、元気になったら私にできることで、恩返しをしようと思っていました。
私にできるこって何だろうと考えたとき、小さいころから唯一褒められ続けていたことが「絵」だったからです。
つまり、自己満足の趣味では、恩返しにならないのです。
元気のない人を元気づけたり、落ち込んでいる人を励ますには、上手でたくさんの人の目に触れることが、必要だと思うのです。個展を開いたり、同じ気持ちの人を探したりしましたが、思ったような結果ではありませんでした。
それに対して、ネットはいい対応策だと思います。
つまり、お金を出してでも描いてほしい絵を、たくさんの人に見てもらうとしたら、仕事続けることで機会が増え、必要性も感じられると思うのです。

4.描きたいものしか描かないと、自己満足でしかない。描く意味があるのだろうか。
人に見てもらう絵って言っても、何の興味もないものはやはり描けないものです。
また、何度も描かなければ、納得してうまいと感じる作品に仕上げることも不可能かと思います。
なので、普段描き続ける物は、どうしても偏っていきます。
そうなってくると、上記の目的達成には程遠いものになってしまい、ただ垂れ流しのように描くだけで、何の必要性もないものを作り出すだけになってしまいます。
なので、注文に沿って絵を描くことで、普段描かないものもあり、とても勉強になります。
また、注文いただけるということは、必要性があり、ある程度の実力もあるということになります。
ネットでのコンペで仕事を依頼されるとなれば、相手の要求に的確に答えらえたという自信にもなります。
自分は描いていてもいいんだと思えてくるのです。

ネットで副業を始める目的は、いろいろあると思います。
自分では見つけられなかった自分の絵への評価や必要性もわかります。
たくさん稼ぐ実力はないとしても、たくさんの人に見てもらって、喜んでもらえるとしたら、絵を描き続けるモチベーションに繋がります。
「こんな物 誰でもできる」「これではだめだ」などと、ネガティブなことで時間を無駄にしないで、飛び出してみる勇気があれば、こんな自分でも、人のためになったり、役に立ったり、お金になったりするんだとわかります。
自分の可能性を拡げるといったことも体感できると思いますし、チャレンジャーでいる自分を、楽しんで育てていこうと思います。